LINEで送る

どのような業界の場合でも、自社の商品やサービスをお客様に紹介し、

その良さを知ってもらわなければなりませんよね?

 

人は知らないものを購入することはありませんので、

自分の商品・サービスのことをしっかり周知させる必要性があります。

 

では、あなたの会社では、どのような方法で商品・サービスの紹介をしていますか?

 

多くの方は「DMで」と答えるのではないでしょうか。

「DM」とは、ダイレクトメールの略で、ハガキや封筒に自社の商品を紹介した文章・写真を入れ、

お客様宛てに直接郵送するものですよね?

 

昔からある販促方法なので、多くの方が利用されています。

 

 

■DMってどれくらい費用がかかるの?

 

52e5da4a94f7e0a7763491eea7de1337_m

 

しかし実際には、DMの反響率・転換率が郵送コストに見合わないといった悲しい声も聞こえてきます。

 

例えば、1,000人の方にDMを送ろうとしたときに、どれくらいのコストがかかるかご存知ですか?

 

ハガキを1,000人に出すとすると、1回あたり、約10万円はかかってしまうのです!

これは一例ですが、カツカツに計算した場合でも、このように高額な値段になってしまいます。

 

内訳としては、ハガキ代52,000円、宛名作成やプリントアウトなどの人件費約15,000円、

デザイン作成約35,000円といったところです。

全て外注したらもっと高額になるでしょう。

 

そして、DMは1回で効果が現れるものではないため、複数回に渡って送らなければ意味がありません。

これも一例ですが、季節ごとつまり1年に4回DMを送ろうとするだけで、約40万円もかかってしまうということです。

これはなかなか大きな金額ですよね。

 

しかもDMの開封率はかなり低いとされていますので、

これだけお金をかけても見てくれる人はたった数%しかいないといった、悲しい状況になる可能性が高いのです。

 

よって、DMはハイリスクローリターンな販促方法といえるでしょう。

 

 

■新しい販促方法「プッシュ通知」を検討しよう!

 

スクリーンショット 2015-04-16 14.13.56

 

では、一体どんな方法で、自社の商品・サービスを知ってもらえばよいのでしょうか?

 

現在では多くの方が手にしている「スマートフォン」ですが、これを利用しない手はありません!

 

それはスマホに直接通知される、「プッシュ通知」です。

 

自社のスマホ用アプリを作成し、それをお客様のスマホにダウンロードしていただき、

そのお客様のスマホへ定期的に、自社の情報を直接届けるといった、新しい販促方法の1つです。

 

SAI株式会社が作成しているアプリでは、月額運用費内(0円)で、

何度でもプッシュ通知を送信することができるので、

安く、確実にお客様へ情報を届けることができます。

 

この手法を取り入れられている会社は少しずつ増えてきています。

あまり読まれずコストも高いDMよりも、

確実に手元に届きコストも低い「プッシュ通知」での販促を、是非検討してみてくださいね!